アオダイショウ交尾したのかな
f0104799_23293080.jpg
f0104799_23294649.jpg





アオダイショウElaphe climacophora




前に話した親のレンタルによるブリーディングローンですが、♂♀一緒にしておいたら、程なくしてお腹が膨らんできました。

これは卵を持っているかも?と思って、早速♂♀分けたのですが、これに気が付く2~3日前に同居している♂♀にマウスを2匹ずつ換算で、それぞれの鼻先に置いて与えたのですが、オスはその時食べなくて、♀、つまりはこの子だけが食べたんですよね。

仕事だったのでその後を確認していないのですが、帰ってきて確認したらオスに与えたはずのマウスが消えていたので、もしかすると四匹全部食べちゃったのかな?とも思って、2~3日も経ってるし流石に消化されているだろうっていう気持ちと、卵持っているんじゃないか?という期待とが入り混じって何とも言えない感じですね。

シーズンものですし、シーズン逃したらまた来年ってなるのでどうかなぁって冷や冷やしています(笑)

くどいようですが、♂はこの子です。
メスと違ってブラックアイで、虹彩まで黒く、黒目が美しい子で大阪産です。
※注)アネリなのでは?とも言われましたが、そこのところは謎ですね。
全体的にメスと違ってシルバーグレーが美しい個体だと思います。
※注)アネリスティック(Anerithristic)体色から赤い色素が欠乏した個体の事。赤い色素が消えるのでモノトーンな体色になり、グレーっぽくなる。アルビノとは本来色彩変異をまとめて呼ぶ言葉なので、ブラックアルビノと呼ばれることも。

f0104799_23383625.jpg


ちなみに、もし卵が孵っても今回は別産地との組み合わせなので近所に放したりとかは勿論しませんし、するべきではないと考えています。
あくまでもペット用として殖やすだけですね。
見ての通り体色が先ず全然違うという事は、同じアオダイショウでも遺伝情報が異なり、その土地で適応し、脈々と受け継がれてきた地域個体群の遺伝子を汚染する事になってしまいますので、放すのはご法度です。
これは、蛇だけじゃなくてカブトムシとかコイとかメダカとか、鈴虫とかでも同じなんですよ。



余談ですが、五月の頭位に都内にアオダイショウを採りに行ったんですよ。
1~2時間位歩き回って、全然見つからなくて、今年もボウズ(採れない)かなぁなんてぼやきながら探していたら、木の上でくつろいでいる結構綺麗な個体が目に留まり、意気揚々と捕獲しました(笑)
f0104799_23423878.jpg


うちに元から居る子に比べると、東京産は大分黒っぽい気がしますが、アオダイショウの幼蛇の頃によく見受けられる銭形模様の体色が、このサイズになっていてもしっかり残っていて、これはこれで美しい個体だと思います。
この子も、目はブラックアイでは無くて通常色です。
[PR]
by orientalis | 2017-05-18 23:48
<< ジャイアントマスクタートル ブリーディングローン今年も >>