道の師
f0104799_8345666.jpg

よく、人生の師とか聞く。職人と呼ばれる人達を師に持つ弟子だとそういうのもあるし現に自分がそうだ。
だけど動物飼育に関しては無師だったし、そういうのは要らないと思っていた。しかし、よくよく考えてみたら自分の飼育に対する考え方を固めてくれた人がいたわけで、だからこそ今があるのだと言う気がして来た。

動物を買う時に、お金を手に入れやすい(って言ったら語弊があるか)16歳以上の人達は金を貯めて好きな動物を飼うだろうが、中学生くらいだと中々金銭的に厳しく、かつ飼育経験と言うか飼育にたいする認知も甘い人が居て、好きじゃないけど安いから買う!と言う、俗に言う安物買いが起こりやすい。
勿論真っ当な人も多いけど。
ショップに研修行った時も、「本当はこれが欲しいんですが高くて。何かこの予算内で買えるトカゲは居ますか?モニターとか好きななんですけど」とか言われたり。。。

気持ちは分かるけど、それは飼育に力が入らない気が。しかも動物にたいして失礼すぎる。
だからナイルモニターの引取とかが多いのかな?
ナイルモニターを飼うのが悪いのでは無く、数多のモニターの中でナイルが1番好きとか、ナイルの魅力に気がつき、飼い初めてればそんな事にはならない。

例えばペレンティ(500万位)が欲しいけど、飼えないから似たような模様のナイルモニターを飼おう!とかそういうのは止めておけと言う事。
欲しいなら貯めて買え。
何を馬鹿な事を!と思うかも知れないけど、本当に欲しいならその位したって良いし、本当に好きじゃないと本気で飼えないと思う。
今まで200を越える動物を扱った経験から、動物は本当に好きなものを妥協せずに飼った方が楽しい気がする。

人それぞれだから何とも言えないけれど。

ちなみに、コモドとか飼うのを禁止されてる生き物を裏ルートまで駆使して手に入れようと考えるのはイケナイ。
合法と非合法では考える基盤からして違う。
[PR]
by orientalis | 2006-12-11 08:34 | Polydaedarus
<< ハンドリング びっくりしたぁ >>