チョコレートの日
今日は皆(特に女性)がお菓子会社の企業戦略に乗せられる日ですね(笑)

男性は決戦の日であります。沢山貰えると良いですね。
弟に、今日はチョコレートの日だね!って言ったら、
「どうせ貰えないの分かってるから。」

と言われました。

「そう暗い事言うなよー」と言ったら

「だって、学用品以外は学校への持ち込み禁止で、チョコの受け渡しも禁止だもん」

と言われました。

・・・なるほど。でも俺が小学校の時には貰えたぞ。

男性はこういう日にチョコを何個貰ったか競う面もあるので(ある種のステータス)義理でもチョコレートをあげてみると喜ぶかも!
後、都市伝説と化しているように思えるのが

"バレンタインの日にチョコレートをあげて告白して付き合いはじめる"

と言うもの。

これ、割と聞くけど成功例を聞かない。

よく言う義理チョコを配りながら本命に本命チョコを!とか聞くけど、これは効果が無いような。

男性からしたらこれも義理にしか見えない事がある。そういう所には鈍感。

そもそも、99%くらいの義理チョコ率で、あるかないかの低確率の本命を期待するような事はあまり無いように思う。

男性にしてみたらチョコの数はステータス。

勿論、既に付き合っているカップル間でのチョコの譲渡は勿論この限りでは無いが。

外国ではバレンタインの日は男女共に交換し合うのが普通だそうで、それがバレンタインの本来の姿であると考えている。
まさに所代われば品変わると言う感じ。

俺も昔は、バレンタインの日は、机の中にチョコがあるんじゃないかとか、ランドセルや下駄箱の中にあるのか?とか、好きだった奴を意識しちゃったり、帰り際か?とか校門で待ち構えてるんじゃないかとか郵送?とか色んな場面に期待したもの。

こう言うシチュエーションには弱いんだよなぁ。

あ!手渡し以外は手紙を忘れずに。

名も無き人からのチョコレートは不気味。

ゴミ箱行きかな(かなり酷い)

だって毒入ってるかも知れないし?

さて、そんな俺は今日から研修。

貰えないのは明らかなので甘い思い出を噛み締めながら研修励んできまーす!
[PR]
by orientalis | 2007-02-14 08:46 | Monolog
<< 行きも帰りも! お宅訪問 >>