カテゴリ:Festival( 10 )
今年も冬にスピンオフやります!
f0104799_22321029.jpg



12スピンオフ展も今年も開催しようと思います。
去年に引き続き、お洒落なバーを皆の写真で彩りましょう!
皆様のお陰様で参加者も順調に増えつつありますね!

会期:12月1日から二週間

入場料:ワンドリンクオーダー制(ソフトドリンク可)
出展者は割り勘で若干の備品代がかかります。

場所:第一会場Bar foxy
〒150-0043 東京都渋谷区東京都渋谷区道玄坂2-25-7 プラザ道玄坂 5F

時間:19:00~
基本的にBARの開店と閉店に準じます。
イベントをやっている時もあり、土日はイレギュラーです。

第二会場:TK BAR SHIBUYA
東京都渋谷区渋谷三丁目15-2 コンパルビル2階

ランチタイムの時間に写真鑑賞も出来ますので昼間の入店もOKです。
去年に引き続き忘年会も計画しております。
最終日の次の日、つまり搬出の日にやります。

※変動する場合もあります。

出展したい!と言う方は、僕宛にご連絡下さい。
詳細を折り返します。
okatotoki.since2013★gmail.com
★の部分は@に変更してください。

こちらもご参考に。
facebookです。



参加者一覧
あいうえお順です

阿曽 友里沙
阿部 修勝
あべ ゆきこ
うめだ よしなり
岡田 博史
片岡龍太郎
金森 五葉
きるけ。
小宮 慶子
斉藤けい
佐藤敬
重信 正嗣
中島 侑子
濱田 和広
遥乃
Pole Dylan
ぽちこ
前田 昌樹
みかん
村泉 裕祐
ゆきうさぎ
りあこ
Rie Takanami
ルナール

現在 計24名

2014.11.16現在
[PR]
by orientalis | 2014-05-25 23:03 | Festival
写真展告知
f0104799_1394782.jpg

f0104799_20301093.jpg



今年は、恒例の12月展が無いと聞いたので、別で写真展をやろうと思っております。
ついに金森氏が個展!?と思われた方が何人居るのか知れませんが、残念な事に(笑)今回もグループ展です。

会期と場所は以下の通りになってます。
参加したいと言う方は、私に個別に連絡してください。
ご連絡は、エキサイトの方は、コメントで、twitter・mixi・LINE(IDはokatotoki)・facebookのいずれでも構いません。
知人以外は、必ず名前(ハンドルネームでも可)と連絡先を教えてください。
また、遠方に居て、ちょっと行けないけど写真だけは出したいと言う方も相談下さい。

知人経由での申し込みも可です。
それすらちょっとと言う方は、プロフィールからメール下さい。
ただし、アドレスが10月31日までしか使えません。
それ以降の場合は追々考えていきたいです。

f0104799_23462575.jpg


会期 12月1日~12月14日迄

場所 渋谷 BAR 「foxy」 URL:http://www.bar-foxy.com/

時間 毎日19:00~翌3:00

備考:会場代は無料ですが、BARです。何かしら一品以上の注文をしてください。
期間が二週間ほどと長いため、平日しか休めない人も出せるチャンス!
常に在廊する必要はありませんが、どっかしらで最低一回は入った方が良いと思います。
これは、バーの店構えが敷居が高そうに見えるため、来場者が敬遠する恐れがあるためです。

写真のカテゴリーは自由ですが、公序良俗に反するものはお止め下さい。
大方の写真はOKですが、カエルとかはグレーゾーンかな・・・?ムカデやクモはアウトな予感。笑
そういうのはブックに入れましょう。
写真の展示方法は、ハレパネのようなパネルにくっつけてピン止めして貼るのが宜しかろうと考えています。
フレームに拘る方は、当日のレイアウトなどを見て上手く展示して行きたいと思います。


尚、15日は17:30から片づけをして、その後打ち上げ忘年会を予定しています。
人数を把握したいので、基本的に要予約です。
写真出さないけど出品者と語りたいという方はどうぞご参加下さい。


尚、写真展を見るだけの方も大歓迎(と言うかお店だし)!会期も長いので興味ある方は、是非足を運んでください。


リアルタイムの情報↓
https://www.facebook.com/events/437274686390596/
※facebookです。
リアルタイム版。

参加者一覧↓

facebookが見れない方も居るので、抜粋しました。
[PR]
by orientalis | 2013-09-18 13:47 | Festival
12月8日展が終わりました
f0104799_22333742.jpg



なんだ、終わっちゃったのか・・・・・。




と、まぁ、前置きはさておき、一日だけの盛大な冬の祭典が終了したわけです。
去年までは、何それ?(´,_ゝ`)ぷっ
とか、影で言われていたり言われてなかったりな祭りでしたが「見もしない、出しもしない癖に馬鹿にする権利はありません!」とぴしゃりと言ったり言わなかったりしたので、今年は、そういう話は出ませんでした。笑

話がのっけからズレましたが、良い祭典です。
何が良いってプロからアマから写真と言う共通点だけで集まると言う点がです。

皆で持ち寄って、貼り付けて「どう?私の写真?」って来場者にアピールする、ただそれだけなんですが、回りに居るのは同じ趣味を持つ者、或いは、既に好きすぎて仕事にしてしまっている人達なのですから、話が弾みます。

良くこういう場に出す時に、まだまだ私のレベルでは・・・・とか言う話は聞くんですが、そもそもにして、出した方が上達は早くなると思うんですよ。

まぁ、出すだけが全てって訳ではないんですが、出すことによって”見られる”と言う意識からか、良い写真を撮ろうと勉強するし、努力もするし(これ、写真だけではないですが)、仮に全力を出して出展した作品に対して、こうした方が良いよ~ってアドバイスを貰ったとすれば、それが弱い所でもあるのだから、一考して更なる向上を狙えたりするわけですしね。

と言うか、自分で考えるよりも、明確にやり方まで教えてくれるんだから、とても親切だし、願ったり叶ったりって感じですか。

私なんかは、そういうわけだから何を出すにしても「どこかおかしな所あります?」って目を輝かせながら聞いちゃう(笑)

おかしなところは無いよって言われても、本当に無いんですか?強いて言えばってところがあるんじゃないですか?とか言って食らいついちゃう(笑)

それでも、いや、大丈夫そうって言われたら「ここが気に食わないんですが、どう思われます?」(クドイ)と言ってしまう事すら・・・・。

で、何が言いたいかって言うと、例えばもし、今回、自分の写真に、ちょーっと自信が無くて、勇気が無くて出せなかった人は、自分の中のスランプ解消でも良し、腕試しでも良し、いっぺん出してみてはどうかなってこと。

f0104799_22451545.jpg


じーっと、皆が見てくれるけれど、大丈夫!

f0104799_22461462.jpg


おー!凄い!って言ってくれる人が必ず居るはず!
(※この鶏、売れっ子写真家バハグに絶賛されました)

f0104799_22475136.jpg


勇気を持って挑戦してみよう。

f0104799_22483282.jpg

f0104799_22485185.jpg


ちなみに、掲載した写真の幾つかは実際に展示したものです。
大半が人の手に渡ったので手元には無いんですけどね(´∀`)

久しぶりに話をする人が居たり、かと思えば、新しくお知り合いになったりで、7割くらいと顔見知りに。

全体的に、去年よりパワーアップしている感じがして、来年はもっと頑張ろうという気になった。

今年は、facebookで、イベント立てて、思いっきり告知をして、情報伝達とかもスムーズに出来たのでイベント参加者が32人と言う(見学を含む)未だかつてない盛況振りを叩き出し、必然的に来られる方も多かったわけですが・・・・SNSって、凄いんだね。

f0104799_22565670.jpg


今回は、準備段階から参加したんですが、とても楽しかったです^^

f0104799_22574223.jpg


見事な盛況ぶり。

f0104799_22584235.jpg


良く分からないレポートになってしまいましたが、また来年も宜しくお願いします♪

追伸:試しにエキサイトユーザー限定でコメント開放しました。
元々、スパムが多すぎるのが原因で閉じていたので、エキサイトなら大丈夫かなと。
コメント権限持つ人を選別できたら良いのになぁ。
なお、コメントは、結構遅れる事も。
そこをご理解くださいね。

↓コンタクト等はココで↓

More
[PR]
by orientalis | 2012-12-12 23:00 | Festival
12月8日展
f0104799_9484655.jpg






毎年恒例の祭典となりつつある、冬の写真展12月××展の開催が決定されました。
今年も出ます!同時開催の忘年会も是非とも出たいと思います!


【開催日】
 2012年12月8日(土)

【会 場】
デザイン・フェスタ・ギャラリー原宿
start 11:00 ~ close19:30(20:00完全撤収)


これ去年行ったときは参加者総勢90人近く居て、知名度があるんだなぁと。
上手い人も大勢出しているので、作品のレベルとしてはかなりのものなんだなぁと思うけれど、それは上手な人ばっかりにフォーカスしちゃうからで、実際には森を見て木を見ないようにすれば、平均的なものなんじゃないかなぁと思われます。
ほら、テストで100点がクラスに3人居たら平均点が上がってしまうでしょう?それと一緒です。
と、言うわけで、興味があるのであれば日本の東西、世界の東西を問わず出してみたらいいと思います。
実際、関西からの出展者も結構居ましたので。

出展方法などの詳細に関しましては、主催者のブログをご一読の上、参加するようにしてください^^

↓クリック!!↓

f0104799_9553498.png


参加者一覧
[PR]
by orientalis | 2012-06-12 09:55 | Festival
2011/12/10展
f0104799_1891869.jpg


今回、いなづかさんの主催する写真展に参加させていただきました。
どの作品も非常にレベルの高い物で、この技法は参考に出来るかな?とか思いながら拝見させていただきました。
また、二次会も含め、沢山の方々から刺激を受けることが出来、本当に楽しく過ごせました。

f0104799_1812221.jpg
f0104799_18121327.jpg
f0104799_18122322.jpg
f0104799_1813477.jpg


私は、一部だけ載せると、こんな作品を出してみました^^



また、途中、お友達と会を抜け出し、青山のイルミネーションを撮りに出かけたり、カフェで楽しんだりと有意義な一日を過ごせました^^

また来年も是非参加させて頂きたいと思います。

よりクオリティの高い写真を目指して。


あ、街はクリスマスシーズン突入って感じでした(笑)

f0104799_18292238.jpg
f0104799_18294093.jpg

[PR]
by orientalis | 2011-12-14 18:20 | Festival
HBMレポと昨日
f0104799_2153732.jpg



昨日、今日は本当にバタバタしていた。
お蔭様で、日記も書けませんでした!
先ず、昨日は、15:00に仕事が終わった瞬間に、最寄り駅から、あざみ野まで1時間51分の旅。
あざみ野駅で友人と待ち合わせ、ペットショップに約束の品物を取りに^^
それが、この子。
お客さんが、ケージ越しに無断で指を入れて、その指を噛んでしまった為に、処分されると言うので引き取りに行ったんです。
ラットは、慣れていても、ケージ越に指を出されると勢い良く噛む事があるのですが、恐らくそれでしょうね。
とても良く人に慣れていて可愛らしい。
この子は、ハスキーと言う品種で、女の子。


f0104799_2244969.jpg


※会場内写真


そして今日、爬虫類イベントとして、有名なHBM(ハープタイル・ブリーダーズ・マーケット)と言うイベントに参加してきました。
日本では、一番最初に出来たイベントで、繁殖した個体のみを販売し、捕獲した個体・買った個体・持ち腹(妊娠した個体がたまたま産んだもの)は認められていません。
野生動物を、飼育するというある意味消費的な趣味において、繁殖した個体を流通させるという事は、野生動物の捕獲圧を減らし、個体の保護にもなるというメリットがある訳です。
もっとも、野生動物の保護と言うご大層な物を成立させるには、色々な条件が必要になるので、この点においては三角と言うべきでしょう。
こういう爬虫類イベントは、HBMを筆頭に日本中で開催され、本イベントは今年で10周年だそうです。
初参加の時から数年はヒョウモントカゲモドキに夢中で、毎年買っていましたが、ここ数年はスジオしか買っておりません。


f0104799_22184920.jpg
f0104799_2219935.jpg


ビルマスジオOrthriophis taeniura subsp(旧:Elaphe taeniura subsp)

参考価格
オス:28000円
メス:30000円


ところで、今日買った品。
最近、品種物のスジオはペアで売られるようになりましたが、改良品種物のスジオ以外はオスが出回り、メスが出回るというのは珍しい。
と言う事で、ビルマスジオをペアでゲットする事が出来ました。
一昔前、レア物として入ってきたスジオですね、これ。
美しい渋いグリーンの体が特徴、今後の野生個体の入荷は、特定外来生物法の法律関係で、無く、それはスジオ全般に言えることなんですが・・・。
本種は、未判定枠にあり、様子見と言った感じ。
ただ、未判定は飼っても大丈夫とは言え、法律の規約どおり、入れていいですか?と政府にお伺いを立てると100パーセント駄目になってしまうんです。
帰化するかも?と言う種類な訳ですからね、検討すれば帰化すると言う結論になるのは当然。

さて、今回の戦利品、地味な目玉品と言ったところでしょうか。
限定一匹、他の個体は全てオスで、カナンスジオ狙いで行ったのですが、こっちにしました^^
バーゲン状態で、物を持ったまま、押され押され、結構大変でした。
グリーンビューティーとも呼ばれ、パステル調の模様でイエローが混ざり非常に美しいスジオですね。

しょっぱなから大きな買い物をしてしまい、後は、好きな種類を眺め、愛好家と話をして楽しんできました。
ビルマスジオのフルアダルトもかっこよかった。
他に今回の、目玉品は例年通り、サキシマカナヘビやキタカナヘビ、ケニアサンドボアやアオダイショウのブルーグレーなどだったようです。
中盤あたりから、すっかり売り切れていなくなっておりました。
ジムグリ(9000円)のCBペアやタカサゴナメラの美個体(30000円)などもおりました。
タカサゴナメラはF1ですが、気質等は、WCであり、メリットは病気にかかっていない、寄生虫などの問題が無い・・・程度の物で、しっかりトリートメントが済んでいるWCと大差ないほどの個体で、挿し餌から入ると聞かされ、それだったら、ちょっと高い値段だなぁと思い、パス。
ちょっと良い、餌付けしていないWCと言った感じ。
タイリクシマヘビとかも始めて実物みたいけど良いですね~。

ところで、余談になりますが、このブログ、初対面の人にブログタイトルをポロッと話しただけで、分かってしまう。
随分有名になったものですね。
[PR]
by orientalis | 2009-11-08 22:35 | Festival
爬虫類・両生類・昆虫・観賞魚等動物のイベント情報
2009年度 第5回 生き物大好き LOVE FISHフェア
8月29日(土)と8月30日(日)
夏休み恒例の観賞魚(+両生類、爬虫類、昆虫類など)
会場は東京都:ホテルカデンツァ 光が丘ドーム展示場


名古屋レプタイルズワールド2009
2009年 9月26日・27日(土日)(愛知・名古屋)吹上ホール一階第一ファッション展示場

BLAK OUT!(ブラックアウト)
2009年 8月23日 さいたまスーパーアリーナ(埼玉)
2009年 11月15日東京『 産業貿易センター・浜松町館 』(東京)
※東京住まいな人は埼玉のほうにも簡単に行けますよ。逆も然りですが。
昆虫や虫が多く出展される祭典。爬虫類などもいるそうです。

ブリクラ(ぶりくら)
2009年10月4日(日) 神戸サンボーホール(大阪)
2009年10月18日(日) 東京都産業貿易センター 浜松町館 2F(東京)

HBM(ハープタイルブリーダーズマーケット)(東京)
2009年11月8日(日) 池袋アカデミーホール
言わずと知れたヒョウモントカゲモドキの祭典。笑
・・・なんてかつては言われたようですが、色々な爬虫類が充実。
毎年両生類は殖やす人間が居ないのか少なめ。・・と言うか殆ど居ない。
その代り、え?これが?って物が出たりする不思議なお祭り。

pet博(ペット博)
http://www.pethaku.com/
大阪:インテックス大阪
日時9月19日(土)~9月21日(月・祝)
関東でもやるお祭りですが、今期はおしまい?みたいですね。
ペット同伴可です。笑
哺乳類やペット用品が多いのですが、爬虫類なんかも結構居たりします。



レップも終わりましたが、まだまだありますね^^
名古屋レプタイルズワールドに参加しないか?と友人に持ちかけられたのでお金と時間があれば覗きにいくかもしれません。

人気ブログランキングへ
一日一回ワンクリックお願いします。
[PR]
by orientalis | 2009-08-10 10:49 | Festival
行ってきました^^
f0104799_1514627.jpg


会場はこんな感じ。
で、会場の品物の割合としては亀が多かったですね、モエギハコガメ等の亀類が多かった気がしますね。
後はアカアシリクガメやロシアリクガメ等のリクガメ系なんかも居たかな。
モニターは、コマイニー、チモール、キサ(キサール)、ピーコック、サバンナ、ブルーテール、ソロモンマングローブ、コバルトツリー、エメラルドモニター、イエローヘッドモニター、カミンギィー、サルバトール、ネグロス等が居たなぁ、それぞれ結構安く売っていましたぞ。
値段を逐一書くのも面倒くさいし、と言うか、そこまで熱心には見てなくてインパクトでしか捉えてないのですが。
後はアオジタではセラムやオオアオジタ、蛇ではオオカサントウ、コーンスネーク、GTP等がいたなぁ、全体的に、おっ!と言う感じで、つい手にとってしまうような品揃えは、やはり毎度のこと(笑)
とは、言っても、そのまま終わりみたいな感じではあったけどなぁ。

私は、旧タイプのブルーテールモニターのマックスサイズを購入。
「爪欠けしているのか」
と、尋ねて、見せてもらったら、良い感じのスポットの散らばり方。
薄汚れていて、よく分からないけれど、洗えば綺麗になりそうだし、BIGサイズでも問題ないので購入。
このくらいのサイズが平然と置いてあるのが、HBM等と違って楽しいところ。
イエローヘッドやブラックツリーなんかもマックスに近いサイズがいたし、マングローブも結構でかいのが居た。
後は、ウォマとかレビスとか高級品種も多かったので、その手が好きな人や、マニアックな変態系の蛇、トカゲが好きな人は楽しめるかもね~。笑
f0104799_2372720.jpg


ちょっと肥満体?


人気ブログランキングへ
ブログランキングに参加しております。一日一回ワンクリックお願いします。
[PR]
by orientalis | 2009-08-02 02:37 | Festival
HBMレポ
いつもいつもレポに画像が無くて済みません(汗

今回も無いです。会場の写真とか滅多に撮らないので・・・。

凄いのを見ても頭に焼き付けるだけで・・(駄目駄目ですね)

さて、今回は恐れ多くもハイポパステル目当てで行きました。

当然と言うか高くて買えませんでした。

戦利品はタイリクスジオのキャリコのポッシブルヘテロとノーマル。

スジオ好きとしては悲しいのですが、タイリクスジオ等のスジオ類、販売数激減しましたね。

シュウダも買わないけれど、見るのは好きでした。今年はライノラットがお目見えしてましたが・・・。

親を休めているため出ないのかな?等と思ってしまう。

会場を回っているといつものようにグレードの高いレオパが沢山!相変わらず素晴らしいです。

コーンスネークもいつものように色々見たんですが、駄目。

いや、グレードとかじゃなくて、あんまり興味が湧かない。

コーンとアジアンスネークを図りにかけると絶対アジアン!

コーンスネークとマレースジオ、どっちが欲しいか?って聞かれたら希少とか抜きにマレーが欲しい。

サキシマスジオのペアが50000と言うのは結構良かった。あれは良い値段。

お金があれば買ってた。スジオ大好きなんで(笑)

後、今回の目玉だと思ったのがショートテールモニター。

値段はASK。

うーん、高いんだろうな・・と思って居たら友人が聞いた。

Σ( ̄д ̄;)!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

まさにオーストラリアが産んだ値段です(意味不明)

いやー、それにしても世界最小のオオトカゲ(22cmにしかならない)は本当に可愛かったです。

他のトカゲとはやはり風格が違いました。

お弁当についてくるプラスチックの小さな醤油容器分かりますか?あれくらいの大きさです。

小指の第二間接位までの長さで、細さは割り箸並!

会場では知っている方々に会えて、話も出来て、個人的には大満足です。
[PR]
by orientalis | 2006-11-05 21:34 | Festival
JapanReptilesShow2006レポ
専用のページを作るのも何かと面倒なので(余計なページ作るとバックヤードがそりゃもう大変なんです)ブログにて(笑)

初参加のレップショー。
今年こそは出ようと思い、一ヶ月くらい前から同士を募り、どうやって行くかまで決めていたのですが前日にドタキャン続出。

で、寂しいメンツになり、車を出してくれる先輩もドタキャンを・・・。
で、最後に残った友達までもがドタキャンをし、今回は止めざる終えない状況に・・・。

んな事で見合わせるのは物凄い悔しいし、鈍行使えば何とか行ける金額(勿論お買い物するお金もある)

時間だけなら・・・行くか行かないかの問題だ!

そう即決した僕は、単身で静岡に乗り込むことに!

で、もうね、前日からNAVITAIME使ってルート検索したりして大変だったのですよ。

バイトから帰って来て、バナナを一本食べ、お弁当を作ってもらい、新三国無双3で時間を潰し(徹夜ですよ)、早朝4:45の電車に乗って出発。

五回程乗り換え、六時間程かけて静岡に到着。

駅前でツインメッセの場所を聞き出すと、そのおっちゃんが適当な事を・・・・。

おかげで迷い迷って、温泉直行のマイクロバスに乗り(だって、車にツインメッセにも寄るみたいな事書いてあったし無料だし)、GO!

が、それもトラップだった!

なんと、その車はツインメッセで止まらない!どうやら、シリーズがあるらしい。

車の中で「えー・・・・。止まらないのぉ。」と途方にくれる。

温泉まで行ってから折り返しツインメッセでは時間がかかり過ぎるのは都会人(埼玉だけど・・)にも明白だ。

が、そこは運転手。

「今回だけだぞ。もう駄目だからな!」ときついお叱りと共に僕をツインメッセで降ろしてくれました。(ありがとう)

さて、長ったらしい前置きはここまでで、ここから本題。

なんたって初のレップショー。勝手も分からない。

おろおろよろよろ人並みに押されて建物内部に入ると突然目の前から「お!こんにちは!」の声が!

「ん!?」

そう思って、声のする方に顔を向けるとN倶楽部の店長さんではないですか!

軽く会話を交わして、早速物色開始。

友達から、レップショーでは先ずさーっと見てから買えと教わったので、とりあえずさーっと見る。
最初に目に留まったのは後々売約にする予定のブルーテールモニター。

で、さらに見て回る。

「あー、大して良いの居ないな。値段もばらつきあるな。レップショーってこんなものか」と思いながら回っていると、友人からメールが。

早速友人と会場内で会い、さらに物色。

すると、5000円と言う価格にも関わらずハイカラーのような素晴らしい個体を発見。
ただ、買う気にならない。でも、買う価値はある。
迷った挙句一回戻したら、その隙に買われてしまいました(笑)
まぁ、買われなくても多分買わなかったでしょうが。

その後は狙いを付けているチュウゴクシュウダを見に。

・・・しかし、成長した時の色に幅があるものだし、大きくなるSEXの個体を飼育したいし・・・。
ベビーだとそれがまるで分からない。
納得のいかないものは基本的に買わない主義なので見送ることに。

で、さらに回ること数十分。

アオダイショウも良いと思ったけど金を払おうと思わず、悪戯に(?)マルベリーCaに金を投入w

その後は、ブルーテールモニターを出し、リードを付けてふらふら・・・。

モニター好きの方や爬虫類好きの方に声をかけて頂き、会話出来て良かったです。

話を伺っているとやはり、慣れないモニターが多いのだと実感。

慣れるようにするにはどうしたら良いのかと聞かれて返答に窮してしまいました(^^;)
あれね・・・、色々やったんですよ。

来てからは毎日触ってました。でも、慣れる素質を持っていたのでこれも数日・・・慣れてからはあまり触らず・・。

ケージは、手狭なケージを使い、ピンセットから餌を与えていました。
こんな感じですね。



ブルーテールモニターを売約した後は、ビジュアルガイドのオオトカゲ&ドクトカゲと、The sabanna monitaer lizaredの二冊を購入して、帰りの帰路に着きました。

初めてのレップショーの感想としては、日本の有名どころのお店の品々を目で見て買うことが出来たので良かったです。
[PR]
by orientalis | 2006-09-25 22:08 | Festival