カテゴリ:Gecko( 54 )
いつぞやのハスオビ
f0104799_2292286.jpg





動物を撮る時、犬や猫ならまだしも、爬虫類、両生類の類と言うのは、カメラが嫌いとか好きとか、そういう概念って言うのが先ず無い。
カメラと言うか、人そのもの、もしくはせまり来るものが嫌いって言う場合が多い。

そういう状況下で、どうやって綺麗に動物の撮影をするのか?ってことを、ちょいちょい聞かれるのですが、これはもう根気強さとか、匠の技としか言いようがありません(笑)

まぁ、匠の技って言うのは言いすぎですが、動物の動きを見抜き、心情も見抜き・・・ってことが出来た時に、綺麗な写真として残せるってところでしょうか。

多分ね。
[PR]
by orientalis | 2013-10-19 22:12 | Gecko
かわええ
f0104799_20492120.jpg
f0104799_2050749.jpg






ニシアフリカトカゲモドキHemitheconyx caudicinctus





仕事の一環で運動会の撮影行ってきたんですが、毎度のように足が痛い・・・中腰で駆け回るって結構ハードです。笑
久しぶりにペットでも撮ろうじゃないかってことで、カメラの設定を少々弄って久しぶりに。
あれ、このカメラこんな高精細な写真撮れたっけって今更思ったりしてしまう。
いつもファインなんだけどね。
そういえば、運動会の撮影で子供が「どこのカメラ?あ、ニコンか」って聞いてきたから、そうだと答えたら「ふーん、で、機種は?」って言うからD300Sだよって答えたら一生懸命機種名覚えようとしていたから「あ、これ生産中止になってるんだよ」って言ったら「え?そうなの!?へー。あ、そういや、それ絞りはいくつ?」って聞いてきた六年生が居た。
末恐ろしいな・・・ちょっと間違えてるけど。笑
ちなみに、私のつけていたレンズの最低はf3.5です。純正の標準レンズだしね。
[PR]
by orientalis | 2013-06-01 20:58 | Gecko
ホソユビゲッコウ
f0104799_2345691.jpg






ニューギニアオオホソユビヤモリCyrtodactylus irianjayaensis






この時期になると、迷いヤモリ続出な感じで。

って、これは違うけれど。

生まれて、初めてこの種を注文して家に来た時、悪魔を買ってしまったと正直思った。
そのくらいの悪魔面、そしてボリューム。
悪魔だよ悪魔。

・・・・にしても、良いヤモリ。
向こう100年はマイナーなままで良いと思う。

分かる人だけが飼育すれば良いってこと。

昔、ショップで働いてる時、ホソユビヤモリだらけのブースを作った事があるけど、誰にも見向きされなかったな。笑

はやく32センチくらいにならないかな。
[PR]
by orientalis | 2013-01-21 00:12 | Gecko
ユアパ行って来ました。
f0104799_21423828.jpg






ハスオビビロードヤモリOedura castelnaui






そう言えば、昨日、aroundの"ぽちこさん"や他何名かと渋谷のsecoで作品を展示してきましたよ。

私は、ブックとパステル画にcalligraphyで文字書いたものと、書と写真を出してきました。
写真に関しては既存のブックで、ブックを見てくださった方々に何枚かプレゼントしてきました。
一年に一回しか更新されない、12月×展が無ければ絶対に更新されないだろうブックですが、猫の写真などを含め、何枚かプレゼントした時の喜びようには、プレゼントして良かったなと思ってしまいます。
皆さん、凄まじいまでのリアクションで喜んでくれて感激しました。笑

ブログでも是非仲良くしていただけたらと思いますが、何しろコメント欄規制しているのでfacebookとか、twitterとか、mixiとかで!
あ、でも、最近コメントを久しぶりに開放しようか迷ってるところでもあります。
きっとコメント返すよりも、スパム削除する方が多いんだろうなぁと思うと、ちょっと萎えますが。

f0104799_22143481.jpg
f0104799_2215791.jpg

f0104799_2218533.jpg


ちなみに、会場で最もウケていた!?のが、恐らく私独自の、この表現技法。
あんまり他では類を見ないというか、見たことないんですが、この撮り方好きです。
暖かくなったら、ちょっとやりたい所で、またやってみようかと思ってます。

f0104799_2221581.jpg


会場では、こんな作品出してました。
左の絵と書が私で、右の写真郡が、ぽちこさんです。



毎月第三水曜日に渋谷のsecoで展示会を開催しているようなので、お暇な人は次回是非。
[PR]
by orientalis | 2013-01-17 22:28 | Gecko
いつぞやの一枚
f0104799_032259.jpg






ニシアフリカトカゲモドキHemitheconyx caudicinctus





今年か、来年こそは、是非とも2世を拝んでみたい。



それはそうと、話し変わって、大分下衆な話だと思うんですが、本名ワコウさんの、ノ・ゾ・キ・ア・ナという漫画をご存知ですか?

ガチエロなエロ漫画なんで、下ネタとか、見たくもないし触りたくも無い!汚らわしい!って思う人にはお勧めできないんですが、読んでると凄く引き込まれる、とても素晴らしい漫画です。

自分の中では、すんドメを超えましたね!あれも面白かったけど、読み進めているうちにマンネリ化してきたように思えて、いつしか読まなくなり、最終回だけ読みました。
ハッピーエンドですね。

対して、ノゾキアナは、話の展開が展開だけにハッピーエンドに向かってるのに、どんでん返しがあるんじゃないかと思うと、ハラハラドキドキで引き込まれます。

話の先が読めず、一体どうなるんだろう?と興味をそそられ、それで居て奥深く、絵も綺麗だし、展開も面白いし、エロいし(ここ重要)で、当たりの漫画かと。

恋愛ドラマもバラエティ色が強いドラマも、割と途中から見たくなくなる傾向にある私にとっては結構珍しい。
プライスレスだって、最終回まで見たとは言え、途中で飽きてしまったくらいですから。

レビューとか見ると、皆夢中になっているみたいで、わたくしもやられました。
携帯漫画サービスでも読めるので、気になった方は読んでみては如何でしょう。

わたくしは、ありきたりな恋愛漫画は好きではありません。
割とありきたりな設定、読み進めていくうちに飽きてくる内容・・・ベターな展開。

それに引き換え、エロ漫画って言うのは最高のラブストーリーが多く、駄目なのも多いけど秀逸なのも多いです。

やっぱり、内容的に男女のぶつかり愛が絶妙な形で描かれているからでしょうか?
あぁ、こういうの良いなぁって、ついつい思ってしまって、読み終わった後に、胸中に一添えの虚しさが。

かと言って、見え見えの芝居をするがごとく、リアルの恋愛で全く同じような事をされたら、それはそれで萎えるんですが・・・・。


生野えみるみたいなのが、身近に居たら気が気ではないけれど、飽きないんだろうなぁ色々。笑

思春期の頃は、それこそ、見たことないもの見たさにエロさばっかり求めてそういうのを読んでいた節があるけど、流石にもう年齢も年齢なので、そういうものは特別要らない。

となると、そういう漫画に求めるのは極上のラブストーリーってことになるのかな。
元々、純愛みたいなのは好きだし・・・・普通だと飽きるけど。

・・・・恋愛かぁ(苦笑)・・・・遠い目。

林和靖という西湖の詩人は、梅を妻とし、鶴を子として愛したそうだけど、さてさて、それを見習ってみますかね。笑


ノゾキアナ
http://www.ebookjapan.jp/ebj/title/20384.html
[PR]
by orientalis | 2013-01-10 00:00 | Gecko
この間の一枚
f0104799_2221696.jpg







ニシアフリカトカゲモドキHemitheconyx caudicinctus






最近、えらく脱線している気がする。笑
野生個体の飼育は難しいって聞くけれど、人の話を真面目に聞いてると案外普通に飼育できているケースが多い。
尤もうちは、基本的に必要以上に覗かないし、生体には触らない(触れないわけではない)ので、触られるとか始終覗かれると言うことに対してのストレスってのは、皆無に違いない。



そういえば、明日から私の書作品が公開されます。
日時は4日から、7日まで。

時間は、4日が13時から、7日が15時まで。
5日.6日に関しては10:00~17:00までです。

場所は、埼玉会館の第一、第二、第三展示室の何処かです。

最寄り駅に関しては、JR浦和駅下車で、西口正面大通り徒歩5分です。
京浜東北線や宇都宮線、高崎線などが便利。
ただ、湘南新宿ラインは止まりません。

私は始終在廊するつもりはありませんが、小筆を何本か駄目にしたので筆を買うついでに明日見に行きます。
お時間があって、近くまで用がある方や物好きな方が居ればどうぞ。

会場でお会いすることがあれば、鑑賞の仕方くらいなら教えます。笑
[PR]
by orientalis | 2013-01-03 22:38 | Gecko
にしあふりかとかげもどき
f0104799_111549.jpg






ニシアフリカトカゲモドキHemitheconyx caudicinctus






世界、そして、日本にも生息しているトカゲモドキというカテゴリーのヤモリは、かなり存在する。

学生時代には、それこそ、ヒョウモントカゲモドキに嵌り、高額な品種に羨望の眼差しを向けたものだけれど、最近は、原色のヒョウモントカゲ以外の、所謂、品種物には一切興味が無くなってしまった。

本種、ニシアフリカトカゲモドキにも、ボチボチ品種と言うのは存在するんだけれど、やっぱり原色が一番落ち着く。

写真の固体は、ナイジェリアからベビーでやってきたワイルドコートの完全尾の個体。
とにかく、尾が切れて再生した、戦場を潜り抜けてきたような個体が多い中での奇跡の(?)子達といって良いのかも知れない。

ベビーの頃は、他のニシアフリカとは比べ物にならないくらいの色彩だったのだけれど、大人になったら、まぁ、独特のストライプだけが取り柄として残った形に。

とは言え、ワイルド独特の血が濃くなりすぎてない精悍な顔立ちなんかは、非常に素敵で、そういうところは良いなぁって思う。

よくトリートメントされていたからか、否か、育ちが非常に良くて、立派な体躯になってくれたので、そろそろブリードを・・・・と、最近、思う。

時々、猫のように太い栄養が詰まった尻尾を振るため、その様子がなんとも愛らしく、それがトカゲモドキをペットゲッコウの地位に居座らせている所以なのだろう。

ヒョウモンみたいに、突発的な動きをしない随分と鈍いヤモリだと思う。


既存の写真だけ出して、はい日記終わりとか言うのも気が引けるので、撮りおろし本日二回目の投稿。
[PR]
by orientalis | 2012-12-30 01:18 | Gecko
やもやも
f0104799_18542440.jpg






ハスオビビロードヤモリOedura castelnaui






ちなみに昼間の姿はリンク先みたいな感じで。

[PR]
by orientalis | 2012-12-20 19:25 | Gecko
かすてるなうぃ
f0104799_22202439.jpg






ハスオビビロードヤモリOedura castelnaui







ベルベットゲッコウとも。
小さいヤモリの癖にバタバタ逃げ回らず、じっとしていてくれるので非常に撮りやすいヤモリかも!?
このヤモリの夜の体色を堪能するために部屋の電気を消して暗闇でストロボ焚いて撮影するの結構好き。
真っ暗で、ファインダーに被写体は写らないので運試しになるんだけど、撮れた写真は綺麗。
これは、黒バック闇撮影とでも言おうか、そんな一枚。
ムチムチの尻尾が可愛らしい。
ストロボは使っておりません。

・・・・しかし、良いヤモリだ。
値段は可愛くないけれど・・・・でも、大分安くなったよね。
[PR]
by orientalis | 2012-12-15 22:26 | Gecko
夜の一枚
f0104799_21335054.jpg






ニューギニアオオホソユビヤモリCyrtodactylus irianjayaensis





思えば、一番奇麗にキープできている個体かも?
うちに来てから、細菌感染に一度もかかってないんだよなぁ。
[PR]
by orientalis | 2012-07-22 21:35 | Gecko