カテゴリ:Polydaedarus( 17 )
パノプテス
f0104799_23114375.jpg







パノプテスモニターVaranus gouldii horni






一般的なグールドモニター。

実際、グールドを冠するものは数居るけど、うちのは割りと流通する安価な種。
オーストラリアでは、この手の類は”ゴアナ”と呼ばれていて、オーストラリアに行った際、通訳が「オーストラリアには、オオトカゲに良く似た大きなトカゲ、ゴアナと言うのが多数生息しています」なんて言ってたけれど、オオトカゲみたいな・・・じゃなく、それはオオトカゲ(varanus属)です。
まぁ、彼の故郷はニューギニアの方ですが。

それはそうと、この個体、我が家にそれなりに長いこといる個体なんだけれども、ハッチ(卵から生まれること)してちょっと育ったサイズからの飼い込みで、随分と思い入れのある個体。

何しろ、社会人になって初の職場に居た子で、この子を横目で見ながら仕事に励んだのは言うまでも無く、友人が購入した後、大人の事情で我が家に。

そういうわけで、社会人になってからずっと私を見てきたトカゲとも言える。
非常に粗暴で、ブンブン尻尾を振り回し、噛み付くのでブログへの掲載率は非常に少なめだと思われます。

オオトカゲの中でも、重量感のある筋肉質の身体など、かなり見所いっぱいありますが、余程の当たりを引かない限り、おとなしい子には出会えなさそうです。

まぁ、ご飯さえ食べてくれるのなら、触らないので別に荒くとも良いんですが。
[PR]
by orientalis | 2013-01-08 00:00 | Polydaedarus
Dinodon rosozonatum
f0104799_17191723.jpg






Dinodon rosozonatum




中国で1.2を争うほど珍しいとか、存在そのものが疑われたとか、写真が無くて国内にも入らず、現物はホルマリン標本だけ!なんて言われたバラマダラDinodon rosozonatum

マダラ属のヘビの中で、恐らくトップクラスに高額なヘビなのではないだろうか?
最近では、CBなども出回り始め、価格も求めやすいものになるかも?と期待もされているけれど、実際そこまで下がらないんじゃないかと思う。
このヘビの、現状の魅力として餌食いが良い事と、体色が綺麗な事(バラを思わせる色!そして滑らかな鱗)くらいな物で、眺めてみて、触ってみて思ったことはハンドリングに向かないヘビだという事。
怒り出したらアカマタと大して変わらないくらい、そりゃもうバコバコ噛み付いてくるわけです。
しかし、アカマタと違って持ってても積極的に這い上がってきて、口をあんぐりと開けて噛んでくるという事は泣く、どっちかって言うと、攻撃的なスジオとか、アオダイショウとか・・・あんな感じ。
目の前にいるものに対してガツガツ攻撃すると言う感じで、攻撃性に関してはバイカダやシロマダラなどと同じくらいだろうと思う。

マニアックで、尚且つ粗暴、さらに(この手の仲間としては)安くない・・・と言う点からして、CBが出来たとしてもマダラヘビとしては高額な位置にのさばってそうな予感がするわけです。
まだまだマニアックで高額な部類に入るであろうし、入荷もそう多くは望めない(まだ数回しか入ってない)為、この手のヘビが好きな人の間で争奪戦が起こること必至?


写真は失敗してしまいましたが、とにかく美しい!
ちなみに、この子はメス個体だそうで、今度はオスを購入しなければいけませんな。
手に入るんだろうか?オス・・・・。
なんか、このヘビ、微妙に色変あるようだね!と、言ってもピンクかオレンジか・・・アカマダラのように品種として出てくるのでしょうか?
[PR]
by orientalis | 2010-03-19 17:31 | Polydaedarus
グールドモニター
f0104799_2157533.jpg


改めて見ると良いトカゲだよなぁ。
このアヒル顔がたまりませんな。

f0104799_21554918.jpg


久しぶりに遊んでみたわけだけど、どこぞのグールドと違って普通に暴れる。苦笑
夏バテでネタも無いわけです。
脱皮前で体の色がくすんでいますが、毎日水入れに使って良い感じ。

所で、先日、ついうっかり失敗してしまいました。
忘れた訳ではないのですが、日光浴させようと思ってロシアリクガメをベランダで日光浴させたわけです。
日陰も用意はしたんですが、夏の照り返しか、口から泡を吹いてしまいました。
慌てて体を冷やし、一命を取り留めたのですが、日射病の脅威として下半身麻痺と言う後遺症が残ってしまいました。
食欲だけはあったのですが、後ろ足を引きずって、駄目なのかなぁと思ったのですが、ここ数日の間に見る見る回復し、今では普通に後ろ足を動かし歩き回っております。
ちょっと、一安心。
夏は、朝だけにしておこうと思ったのでした。

P.S.最近、と言うか一昔前からアカアシリクガメを飼いたいなぁと思っております。
やはり、チェリーヘッドかなぁと思っているのですが、エンタアメーバが気になって中々。
エンタアメーバは原虫性腸炎が恐ろしい・・・・これは、亀自体には被害が無いが、蛇とトカゲには致命的。
放っておけば速いスピードで死んでしまうのがオチと言うわけだ。
発見方法としては、亀が透明なゼリー状の糞をする事で分かると言うけれど、ミズガメは難しそうだ。
メトロダニゾールを砕いて粉末にし1週間程、経口投与して治すことが出来る。メトロダニゾールの代用として人間用のフラジールやアスゾール・トリコシードを使ってもOK。
まぁ、獣医に持っていくのが一番的確で確実だろうと私は思う。
で、それが気になって気になって仕方が無く、まぁ、亀だけ一番最後に世話をすれば良いだけの話なのだけど、どうもそれも億劫なところもあって、我が家には亀が一匹しか居ないわけだ。

人気ブログランキングへ
一日一回ワンクリックお願いします。
[PR]
by orientalis | 2009-08-06 22:29 | Polydaedarus
今日のワンショット
f0104799_8394814.jpg


常に戦闘モードですが色々とポーズを取ってくれるという点に置いて実に撮り応えある蛇だと思う。
他の蛇も悪くは無いけれど、トグロを巻いているか伸びているかで(笑)

人気ブログランキングへ
↑人気ブログランキングに参加しています。一日一回ワンクリックお願いします。
[PR]
by orientalis | 2009-05-26 08:43 | Polydaedarus
久方ぶりのナイル
f0104799_18213137.jpg

何かと突然死問題等難易度が高いナイル(笑)
モニター=丈夫と言う潜在的概念がこの種の死亡率を高めているような気がしなくもない。

実際何が原因なのか俺には分からないけれどね~。
こいつも突然死とか止めて素直に大きくなって欲しいわー。

俺に手傷を負わせようとする日が来るのかな。。。
[PR]
by orientalis | 2007-03-21 18:21 | Polydaedarus
うちのナイル
f0104799_1256380.jpg

水入れと壁との間に入ってたから水入れを退けた。

しかし姿勢変わらず(笑)
その後尻尾を振り回しながらケージ内を逃げ回っていた。

攻撃したいのか逃げたいのか不明(笑)
多分逃げたいんだろう。。。
[PR]
by orientalis | 2007-02-27 12:56 | Polydaedarus
ベニン産ナイル
f0104799_11384063.jpg

寝て食ってばかりいるこいつ。
最近、根拠は無いけれど、こいつにはレプティグロー2.0と8.0をそれぞれ二つづつか四、五万以上の高機能な(そのぐらいじゃないと使い物にならないと聞いたので)メタハラをつけてやった方が良いような気がして来た。

まぁもう暫くしたら考えようかな。
[PR]
by orientalis | 2007-02-20 11:38 | Polydaedarus
攻撃体勢
f0104799_141832.jpg

尻尾をぜんまいのようにクルクル巻いて、体に引き寄せたら要注意。

勢いを付けて尻尾でムチ攻撃をしかけてくるからだ。
目付きや顔からも警戒している事が分かる。
[PR]
by orientalis | 2007-02-10 14:18 | Polydaedarus
ビビりまくりだよ。
f0104799_12562839.jpg

相変わらずケージに近づいただけで大騒ぎ。
尻尾攻撃までするつもりらしいし。

でもなんとなく大人しいなぁ。
[PR]
by orientalis | 2007-02-05 12:56 | Polydaedarus
昨日の一枚
f0104799_12571027.jpg

何となく気が向いたから今UP
[PR]
by orientalis | 2007-01-09 12:57 | Polydaedarus