カテゴリ:Polydaedarus( 17 )
久しぶりのナイル
f0104799_1153277.jpg


ナイルモニターのベニン産の個体。
こんな風に育ちました~。まだまだ育ちますけどね。
[PR]
by orientalis | 2007-01-08 11:05 | Polydaedarus
遂にこの日が来たか・・・。
f0104799_13245464.jpg

違う角度から・・・。
f0104799_13503310.jpg


遂に噛まれました(汗
でも、これは逃げようとした刹那、いきなり掴んだからで、この後放してくれましたがその後は逃げようとするだけで特に噛もうとはせず、逃げ回っていました。

荒くなったらなったで別に良いんですけどね。
[PR]
by orientalis | 2006-12-31 13:24 | Polydaedarus
ナイルモニターの飼育
基本的な環境設定はマングローブモニターに準じます。

ただ、二年で一メートルになるように育てる事と、成長した後には貝を食べるようになるとされるトカゲなのでそこをどう考慮するかが飼育の鍵になると思われます。
[PR]
by orientalis | 2006-12-24 00:34 | Polydaedarus
沈下
f0104799_15115570.jpg


こうやって水の中で沈んでいます。
水に依存しているようなトカゲは大体こういう寝方しますが、窒息しないのだろうか?
まぁ、人間とトカゲとでは体の作りも消費する酸素の量も違うので大丈夫なんだけど・・・。
つい、こっち側(人間の場合)で考えてしまう。

ちなみに、こいつ、かなり慣れてきましたよ~。
[PR]
by orientalis | 2006-12-19 15:11 | Polydaedarus
ハンドリング
f0104799_17263849.jpg

今日も素直にハンドリングさせてくれた。
ここの所、シューシュー言うだけで噛み付いたりはしなくなってきたナイル。

怒って尻尾をブンブン振り回さないだけ世話が楽になったし、馴れていて美しいとくれば言う事無しである。

昨日まで床材で眼球を傷つけていたのか片目が閉じたまんまだったけれど今日は全開。
治ったようで何よりである。

大人しくなってきた事で、家に来た当日に撮った写メイが大分貴重になった。
[PR]
by orientalis | 2006-12-11 17:26 | Polydaedarus
道の師
f0104799_8345666.jpg

よく、人生の師とか聞く。職人と呼ばれる人達を師に持つ弟子だとそういうのもあるし現に自分がそうだ。
だけど動物飼育に関しては無師だったし、そういうのは要らないと思っていた。しかし、よくよく考えてみたら自分の飼育に対する考え方を固めてくれた人がいたわけで、だからこそ今があるのだと言う気がして来た。

動物を買う時に、お金を手に入れやすい(って言ったら語弊があるか)16歳以上の人達は金を貯めて好きな動物を飼うだろうが、中学生くらいだと中々金銭的に厳しく、かつ飼育経験と言うか飼育にたいする認知も甘い人が居て、好きじゃないけど安いから買う!と言う、俗に言う安物買いが起こりやすい。
勿論真っ当な人も多いけど。
ショップに研修行った時も、「本当はこれが欲しいんですが高くて。何かこの予算内で買えるトカゲは居ますか?モニターとか好きななんですけど」とか言われたり。。。

気持ちは分かるけど、それは飼育に力が入らない気が。しかも動物にたいして失礼すぎる。
だからナイルモニターの引取とかが多いのかな?
ナイルモニターを飼うのが悪いのでは無く、数多のモニターの中でナイルが1番好きとか、ナイルの魅力に気がつき、飼い初めてればそんな事にはならない。

例えばペレンティ(500万位)が欲しいけど、飼えないから似たような模様のナイルモニターを飼おう!とかそういうのは止めておけと言う事。
欲しいなら貯めて買え。
何を馬鹿な事を!と思うかも知れないけど、本当に欲しいならその位したって良いし、本当に好きじゃないと本気で飼えないと思う。
今まで200を越える動物を扱った経験から、動物は本当に好きなものを妥協せずに飼った方が楽しい気がする。

人それぞれだから何とも言えないけれど。

ちなみに、コモドとか飼うのを禁止されてる生き物を裏ルートまで駆使して手に入れようと考えるのはイケナイ。
合法と非合法では考える基盤からして違う。
[PR]
by orientalis | 2006-12-11 08:34 | Polydaedarus
Varanus niloticus ssp
f0104799_11465727.jpg

今日、前々から頼んでいたナイルモニターVaranus niloticus sspが到着。

生まれはアフリカのベニン。
ナイルモニターには、二亜種居て、基亜種がナイルモニター(コモンナイルオオトカゲ)V.n.niloticusで、もう片方はオルナータナイルモニター(ニシキナイルオオトカゲ)V.n.ornatusである。
この個体は後者のオルナータとして入荷したそうだがナイルモニターとしての線が強いそうだ。

アフリカ産モニターの中で最大のナイルモニターは過去に213センチ、体重19キロの個体を撮影したと言う記録がある。
飼育では成長が遅いらしいが、上手く飼えば大きくなるだろう。
性格は粗暴にして神経質。小さいうちから噛み付きや尻尾攻撃をし、大きくなってからショップ等に引き取られる事もあるらしい。確かに大型になった個体をあまり見かけない(笑)

野生では成長に従い貝を食べるようになるとされ、歯や顎が変化してくる。
勿論それ以外にも貪欲に食べるらしいが。

あ、そうそう、この画像はこの個体が大人しいからハンドリングできている訳ではなく、周りが肌寒い為に動けないだけです。本当は滅茶苦茶荒いですよ。

最終的にはこうなりますので、飼えないと思った方は飼わないように。
[PR]
by orientalis | 2006-12-02 11:46 | Polydaedarus