<   2007年 01月 ( 101 )   > この月の画像一覧
偽善的行為か?
昨日の事。
発表会に向かう途中のバスの中での事だ。

優先席に座り楽をしていると白髪の70~80歳くらいの男性が乗ってきた。
席を譲らなきゃと思ったがこれが勇気がいるのだ。
別に回りにたいして恥ずかしいからでも偽善と思われるのが怖いからでも無い。
「そんなに老いてない!」と叱られたり、気分を害されるのが嫌なのだ。

暫く観察していると、どうも足が悪いらしく二回程顔が歪んだ。
これは譲らなきゃ!

そう決心するや否や立ち上がり

「良かったらどうぞ」と譲る。
すると、一瞬の間があったけれど、足をガクガクさせながらやっとこさ座り、こっちを見て笑顔でありがとうと言ってくれた。
その後、その隣にいたおばさんも前に立っていた老人を連れて来て、座らせた。
俺が席を譲った方とおばさんが席を譲った方は友人同士らしく、互いに席を譲って貰った感謝の意を語り合っていた。
昔は・・とか、時代が変わったねとか言ってた所を見ると昔は悲惨だったらしい。

で、降りた停留所が同じだったんだけれど、俺の方が早く降り、後から例の老人が降りた。
俺はその時、バスから数メートルは離れていたのに関わらず大声で御礼を言ってくれた。
それを聞いた途端心が弾み、旬子みたいな友人に話した。

一言こう言われた。
「うわ~、偽善者め!」

ブチッときたね。
何より偽善者が何か分からぬような感じだったからね。

俺は、何の下心も無く、ただ譲りたいから譲ったに過ぎない。

俺は親に教えられたモラルを中心に行動し、俺が寄り所にしている哲学もそこにある。

相手を認めない姿勢だったからこそ腹を立てたんだろうと思った。

昨日友達とも話したが、やはり不快。
[PR]
by orientalis | 2007-01-31 10:12 | Monolog
見習うべき心の持ち方
「なにとなく心騒ぎていねむれず明日を春の初めとおもへば」良寛詠

俺は良寛さんが大好きだ。この時期になると、氷解してきた雪を見ながら心が騒ぎ立って眠りこけていられなかったと言う良寛さんの生きた時代、地域の映像が浮かび上がってきそうだ。
お坊さんの癖にお経は読まないし酒を飲む破戒僧(坊さんの戒律を守らない僧の事)であったと言う所がさらに好き。
名僧だけれど高僧にはなれなかった良寛さん。

持ち物も重要度でランク分けして紙に書いていたと言うが仏具はニか三。
一には何があったかと言うと


「手鞠!」


えっ?って感じ。
確かに手鞠で子供と遊ぶ事をなにより楽しみとしていたと言うから重要度は確かに高そうだ。頻繁に使うし。

書道や歌道(俳句や短歌のような和歌を極めんとする道)、漢詩等芸術の達人でもあったと言うから凄い。
また、床下から生えてきた竹の成長を助けようと床をめくり、竹を伸ばし、それが天井に届きかかった時に、天井は剥がせないからと燭台の火でそこに穴を開けようとして家を火事にしたとか、子供達とかくれんぼをしていたが、子供が帰ってしまい、稲藁の中で眠りこけてしまい、翌日お百姓に発見されて、「あれ?良寛様でねぇか!」と言われ、「しーっ、子供達に見つかってしまう」と言ったと言う逸話や、稲が吠えると言う話を聞いてそれを聞きに行ったり(弟子が、「師、良寛、稲のぼなるを聞きて昼夜田かんに彷徨されしと」と書いている)、お金を拾ったら嬉しいと言う話を聞いて、道端でわざと落として拾ってみたが嬉しくもなんとも無く、納得が行かないからと何回もやって、お金が草むらに入ってしまい、皆から貰った大切なお布施を無くしては申し訳ないと泣きながら探して、見つけた時に初めて嬉しいと感じたと言う話等一見すると馬鹿げた話だけれど、人間的に見たら頭の柔らかさや人間性があるような気がして好き。

反抗期の親戚の子供を直してくれと言われて出向いたものの、毎日散歩したり遊び暮らし、キレた親戚が、良寛に帰るように言い渡し、帰る時にその子供が良寛の鼻緒を直していると涙が落ちてきて、びっくりした子供は泣いている良寛の顔を見たら、良寛が一言「お前も淋しかったんだろう?たまには遊びに来い、和歌等を教えてやる」と言い、それを気に子供は改心したとか。

俺もそんな人間になりたいな。
[PR]
by orientalis | 2007-01-30 08:54 | Monolog
こんな忌々しい過去もあったな。
恋愛話に傾いた時に苦虫を噛み潰したような事を言うと昔、何があったのですか?と聞かれる。
その都度一々答えているのだけれど、書いておけば楽になるかしらと書いておく。

実は遡ること二年前、友人が「お前、彼女欲しいか?」と聞いてきた。
俺はそういう恋愛経験が無かったし、面白そうだったから「紹介してくれるのか。どんな奴よ?良いよメールやったるよ」とその話に乗った。
今思えばそれが間違いだった。

その友人は先方にメールアドレスを教えた。
俺はそいつとメールが始まった。
最初は、普通のメールだった・・・・が、何でメールする事になったのかと聞かれたので手短に説明した。

そして次のメールにはこう書かれていた。

「私と付き合ってください」

これを言われたら男としてはどうなんだろう?

「会いもしないのに付き合ってくれは無いだろう。先ず遊ぼう」

冷静にこう返した。

金が無いので奢っていただくという形で遊ぶ事になった訳だけれど、その日そいつは遅れてきた。約束の時間に遅れた俺だから文句は言えなかったけど、そいつはさらに遅れてきた。

見てくれは、下の下・・・。まぁ、容姿なんてどうでも良い。

・・・しかし、遊んでみて思った。
こいつはとんでもない奴と遊ぶ羽目になったもんだ・・・・・。
先ずありえないと思ったのは、寒いのに屋外ベンチで並んで座る羽目になって寄りかかられ、話す会話が「ねぇ、私の事好き?Hしない?」「キスしない?」「両手つなごう(意味が分からない)」

・・・・こんな会話ばっかり。なんていうか一方的。
そして、恋愛漫画風のこの展開・・・・。嫌だ。
全部断ったがしつこい。
それも、俺の手を持ってそのまま胸や下半身に・・・・おぃ!
接触する前に引き戻す。

大体、俺は付き合ってと言われてOKなんて言ってない。
それなのになんで恋人ちっくな雰囲気に。

しつこいので、

「ごめん、俺には他に好きな人が」とか「お前なんて大嫌いだ」とかダイレクトに相手の傷つくような事を連呼するも・・・

無視!

おまけに、動物好きなんだと言ったら

「犬が一番良い。それ以外はいらないな」

・・・・理解力ゼロ。

しかも、何で俺の下の名前で呼ぶんだ・・・。

あまり知られていないことだけれど俺は下の名前で呼ばれるのが大嫌いな人間だ。

馬鹿にされているように思えてくる。一流の人物や認めた奴に呼ばれるのは構わないが、そうじゃない人物にははっきり言って呼ばれたくない。

目つきも怖かったし、帰りは奢ってくれる言ってたのに電車賃が足りないからと俺が数十円出す羽目に。

それが手切れ金だ。

俺はそう思った。

電車の中で寄りかかられ、ねぇ、私、好きなの。次いつ会える?と聞かれ。

俺はお前に会うと死にそうなくらい疲れるからもう二度と会わない。と返す。いや、ほんとこのくらい言っても怖い顔しても通じない・・・。

その後のメールでも同じような事を・・・・。
返信していたけれど流石に嫌になったので全て無視。
その後数週間は欝だった。

何分か置きに一々何やってるのか聞いてくるのもうざかった。

そういう訳だからいちゃいちゃしているアベックを見ると、この時の記憶が蘇って気分が悪くなる訳。

友達に強いと言われた男の意外な一面w
[PR]
by orientalis | 2007-01-29 23:47 | Monolog
珍奇
あー、お線香臭い。ここは寺ですか?くらいお線香やお香の香りが(笑)

昨日は、入院中に亡くなったウサギのぽぽを迎えに行きました。享年七歳。

ウサギの七歳って結構良いお歳です。大往生でした。
それを迎えに行く途中でなんですが、手相の勉強をしている方に捕まりました。
この人に声をかけられたのは三度目。

孔明が劉備に三顧の礼を以って迎えられたと言う故事ではありませんが、三度目で、ふと見てもらおうかな?と思った俺は左手を出しました。

戸惑う相手。呼び止めてそりゃ無いよ(笑)

そして隅に連れて行かれ(怪しい。笑)最初に言われた一言が

「右手なんですが・・・」

あ!?はい!と右手を出すと、はっきりくっきり各箇所の特徴が出ているとの事。特に運命線が食い込んだような出方をしているとか。

喜怒哀楽が激しく、お金の使い方が荒く、人間的に深い人だとか言われ、その後は、その人の学友までやってきて、雑談。

主に動物ネタになってしまったけれど、こんな所で熱弁奮っても仕方無いと軽く話しました。

手相の人だからやたら運が運がって言うのですが、運気とか大して信じないのであんまり楽しくは無かったなぁ。

そして今日も変な日だ。朝から変だ。

朝起きて学校の発表会に向かうのだけれど、地元の駅で定期入れをタッチして改札口を抜けたんだけれど、何かいつもと違うから定期入れを調べたら定期が無い!

面倒な事になってしまった。何が面倒って、この事態を駅員に言うのが面倒。

とりあえず電車に乗り、乗換駅まで。

乗換駅からは流石に出られないから定期を持って行き説明する。

こういう場合、普通始発からの運賃を払わなければいけないので気が重いのだけれど、そんな俺に駅員が一言。

「どちらから来られたんですか?」

・・・助かった!いやー、良かった。

駅員さんは、目的地までの切符も売ってくれたので助かった。

どれに乗れば良いのか分からなかった為に電車を二本やり過ごしてしまったけれど、今の所順調。

さて頑張って来ようかな。
皆さんも今日一日頑張りましょう!
[PR]
by orientalis | 2007-01-29 09:25 | Monolog
引越し
f0104799_13172846.jpg

ジャヤプラを引っ越させました!
大きくなった新居でのんびりしてます。
[PR]
by orientalis | 2007-01-28 13:17 | Euprepiosaurus
お香
f0104799_11344856.jpg

部屋の匂い消しや供養(仏教では塩は新式で元来はお香を使う)に使えるお香はスグレモノの品。

ただ100円均一のは匂いが悪すぎる。
持続時間が短いのも欠点かも。
[PR]
by orientalis | 2007-01-28 11:34 | Monolog
ケージ
f0104799_1127660.jpg

この前来たケージを使ってみました。
何も敷かないと糞や尿でビチョビチョになりますね。
でもこの広さは魅力。

値段もご好意でこれ三本セットで5000円でした。

120×60×45かなこれは。
[PR]
by orientalis | 2007-01-28 11:27 | Euprepiosaurus
映画
どろろ観てきました!キャストも豪華だし、CGや撮影方法も良かったんですが、内容も良かった。

あれ?こんな内容だったっけ?とか、こうだった気が。。。なんてのもありましたが、オリジナリティが滲み出していました(笑)

妖怪を退治する事に、体のパーツを手に入れて行き、その度に凄い苦しそう。
48回その苦痛を味わわなければ行けないのかとか思ってしまいました。

心臓とかも作りものなんで突き刺してもしなない。なんか別に作りものの心臓入れなくても良かった気が。
なんの為に入ってたんだろう。

まぁとにかく良い映画でした。
気分がリフレッシュしましたよ。

他の映画も魅力溢れるのばっかりで観たかったなぁ。
[PR]
by orientalis | 2007-01-27 17:26 | Monolog
色々やる事が出来ちゃった。
まず、朝方までドラクエⅧをやっていた。最近はまってて、暇を見つけてはちょくちょくやっている。

友人には、「えー、つまらないよー」とか「キャラが好きではない」等と散々な言われようだけれど・・・・。

そういう訳で今日は起きるのも遅れ、これがウサギを病院に連れて行きそびれたと言う悲惨な事態に繋がる。

いや、午前中の診療に間に合わなかっただけだから午後一で診てもらいに行くけど。
もう七歳になる老ウサギなので具合が悪くなると心配。

家族が、なんかおかしいよーと言っているが、触ると少し痩せていて俺も薄々おかしいとは思っていたから今日診てもらうのだ。

それで、今日から映画「どろろ」がロードショーだと言うので、これも観にいこうかと思う。
前から見たくて仕方なかった映画なので楽しみ。

明日は明日でちょっと用事が・・・なんか、予定が結構あるなぁと思う。

あー、ヤバイ。予定が狂うとウダウダしてくるから嫌だ。さて、では予定を決行しようかな。
[PR]
by orientalis | 2007-01-27 11:12 | Monolog
お掃除
f0104799_2044211.jpg

貯まり貯まっていた日常出来ないメンテナンスを一気にやった。

5時間は費やしたかな・・・一心不乱に世話をし続け、先輩が持ってきてくれた120センチレプタイルケージを三本設置。

値段は、ちょー破格でした。安すぎます(笑)
[PR]
by orientalis | 2007-01-26 20:44 | Monolog