<   2010年 03月 ( 7 )   > この月の画像一覧
今日のサラダ
f0104799_16271011.jpg



完全草食性のロシアリクガメなので、色々な植物を与えたいと思い、庭で亀用に栽培しているハコベをトッピング。
ニンジン等の根菜類は栄養価が高すぎるという意見もあるので、いつもは控えているのですが、たまには良いかなと思い今日はメニューに加えてみました。
どんな野菜を与えても、割と何でも喜んで食べてくれるので、サラダの作り甲斐があると言うもの。


今日のメニューは

・ミズナ
・繁縷(ハコベ)
・ニンジン
[PR]
by orientalis | 2010-03-30 16:30 | Turtle・Tortoise
モニター噛み付く!
f0104799_17405889.jpg


大丈夫かなぁ?いけるかなぁ?と、思って、バタバタしている所を少し強めに掴んでしまった所、逆鱗に触れたらしく振り向いて噛んできた(苦笑)
それ以外は、逃げるのに夢中で最初で最後だったけど、暗雲が立ち込めてまいりました(笑)
カミンギィーに比べて、自分から向かってこないし、掴む所を間違えない限りは噛んでこなさそうな感じでしたが、今後は、回りが血だらけになって面倒臭いので十分気をつけようかと思います。
もっとも、我が家のモニターは、基本的に全部が全部ハンドリングしないので、オオトカゲに噛まれるという事故があまりありません。
グールドモニターが居るのにも関わらず・・・・です。

f0104799_17501588.jpg


まぁ、噛まれたら、マキロンで消毒し、このサイズのモニターの噛み傷なら患部を強く圧迫する圧迫止血法で血が止まりますので、縫うに到りません。
私は、長年色々な動物に噛みつかれてきて、噛まれたら手を引くな・・・と言う教えを、その都度遵守してまいりました。
なので、噛まれた所で反射的に手を引くなどという事は致しません。
手元にあるカメラで写真を撮って、眺めて、いよいよ飽きてきたなと言う頃になって、水をかけてみたり、違う物を押し込んでみたりして放してもらうのです。
噛み付かれた時は、絶対に手をひいてはいけません。
手を引いて良い結果になる事は無く、小さくて済む怪我が大袈裟になるだけなのですから。
まぁ、皮手袋を素直に使って世話をすれば、手を負傷するなどという不名誉な事態になる事も無く、安全に世話が出来るわけで、良い子の皆様方は大型の危険動物を飼育なさる際、皮手袋をご用意なさってくださいまし。


f0104799_17504188.jpg



動物のキバというものは、内側に生えていたりで、若干食い込むように出来ています。
手を引いたり動物が引いたりすれば、皮膚が裂けて傷だらけになるのは必死なわけです。
まぁ、とりあえずです、私の指が曲がりません(笑)
[PR]
by orientalis | 2010-03-29 17:50 | Euprepiosaurus
杏花村
f0104799_15212966.jpg




杏花村 杜牧

清明時節雨粉粉
路上行人慾斷魂
借問酒家何處有
牧童遙指杏花村

[PR]
by orientalis | 2010-03-26 15:22 | Monolog
バラマダラ~今日の一枚~
f0104799_12163685.jpg

[PR]
by orientalis | 2010-03-23 12:16
ハルマヘラレインボー
f0104799_1217184.jpg




トリカラーモニターvaranus yuwonoi




なんと、ハンドリング出来る個体!(笑)
いや、きっと寒いだけです。
幻と言われ流通量が一年に一回くらいのオオトカゲです。
生息地で隠れっぱなしだからじゃないのかなぁとたまに思ってみたり。
真相は分かりませぬが。
黒・黄・青と三色に染まる美種です。
[PR]
by orientalis | 2010-03-21 12:20 | Euprepiosaurus
Dinodon rosozonatum
f0104799_17191723.jpg






Dinodon rosozonatum




中国で1.2を争うほど珍しいとか、存在そのものが疑われたとか、写真が無くて国内にも入らず、現物はホルマリン標本だけ!なんて言われたバラマダラDinodon rosozonatum

マダラ属のヘビの中で、恐らくトップクラスに高額なヘビなのではないだろうか?
最近では、CBなども出回り始め、価格も求めやすいものになるかも?と期待もされているけれど、実際そこまで下がらないんじゃないかと思う。
このヘビの、現状の魅力として餌食いが良い事と、体色が綺麗な事(バラを思わせる色!そして滑らかな鱗)くらいな物で、眺めてみて、触ってみて思ったことはハンドリングに向かないヘビだという事。
怒り出したらアカマタと大して変わらないくらい、そりゃもうバコバコ噛み付いてくるわけです。
しかし、アカマタと違って持ってても積極的に這い上がってきて、口をあんぐりと開けて噛んでくるという事は泣く、どっちかって言うと、攻撃的なスジオとか、アオダイショウとか・・・あんな感じ。
目の前にいるものに対してガツガツ攻撃すると言う感じで、攻撃性に関してはバイカダやシロマダラなどと同じくらいだろうと思う。

マニアックで、尚且つ粗暴、さらに(この手の仲間としては)安くない・・・と言う点からして、CBが出来たとしてもマダラヘビとしては高額な位置にのさばってそうな予感がするわけです。
まだまだマニアックで高額な部類に入るであろうし、入荷もそう多くは望めない(まだ数回しか入ってない)為、この手のヘビが好きな人の間で争奪戦が起こること必至?


写真は失敗してしまいましたが、とにかく美しい!
ちなみに、この子はメス個体だそうで、今度はオスを購入しなければいけませんな。
手に入るんだろうか?オス・・・・。
なんか、このヘビ、微妙に色変あるようだね!と、言ってもピンクかオレンジか・・・アカマダラのように品種として出てくるのでしょうか?
[PR]
by orientalis | 2010-03-19 17:31 | Polydaedarus
ピグミーヘッジホッグ
f0104799_19214027.jpg
f0104799_19201110.jpg
f0104799_19202550.jpg



最近、24時間施設に泊り込んで仕事をしているので、結構バタバタしております(笑)
二日置きに休みがやってくるので、朝と夜で世話をする羽目に(苦笑)
気温も段々上がってきたので、そろそろ我が家の蛇達やヒキガエルを起すとしましょうかね。
[PR]
by orientalis | 2010-03-05 19:25 | Mammalia